特集進化する富山のハラールフード

「富山らしさ」が楽しめる、ハラールフードを紹介します。創意工夫が詰まった、特別な味わいを感じてみてはいかが。

アラビア語の言葉、ハラル(Halal)が由来といわれている「ハラール」。直接的な意味合いは「許可されたもの」と言い、イスラム教徒が日常生活において、口にするもの、身に付けるものなど、許可されているものが対象となります。

食品になると細かい決まり事は多くありますが、簡単にお伝えすると、豚肉および豚に関連する調味料なども対象です。

そのような厳しい規定があるなかでも、今回ご紹介するメニューは、地元・富山のお店や企業が富山での暮らしと食生活を満喫してほしいとの想いから、「富山らしさ」が楽しめるハラールフードを開発しました。創意工夫が詰まった、特別な味わいを感じてみてはいかが。

スパイスカレーらーめん×2、黒醤油らーめん×2、海老塩らーめん×2
麺家いろは 富山駅前CiC店

創業30周年を迎えるブラック文化の火付け役『いろは』が新作の袋入り生ラーメンを発売。文化の規制も越え、本格的な世界進出に挑む3種の味と“保存力”に注目。

関連特集

伝えていきたい、郷土の味 2選

いつもの食卓に「とやま」でもう一品

人気特集ランキング